ファミリーロッジ旅籠屋・桑名長島店



3ヶ月前から受付
ビジネス利用

施設紹介
写真でご紹介
ご利用案内
料金など
交通アクセス
電車・道路
イベント情報
お祭り・イベント
周辺ガイド
周辺・観光情報

店舗トップへ
湾岸長島店トップ

プレゼントクイズ
毎月実施中


トリップアドバイザー

 

 

 


ファミリーロッジ旅籠屋バナー
当サイトは
リンクフリーです



国連UNHCR協会の
難民援助活動に
協力しています


二足四足協和国を
応援しています




三重県桑名市東船馬町1-1-1
熱田・宮の渡しから海上七里を船に乗り、桑名の渡しに着いたことから「七里の渡」と呼ばれています


 慶長6年(1601)正月、江戸と京都を結ぶ東海道が制定され、桑名宿と宮宿(現名古屋市熱田区)の間は、海路7里の渡船と定められた。のち佐屋宿(現愛知県海部郡佐屋町)へ川路3里の渡船も行われた。宮までの所要時間は3〜4時間と思われるが、潮の干満によりコースは違っており、時間も一定ではなかった。
 ここは伊勢国の東入口にあたるため、天明年間(1781〜1789)に、伊勢神宮の「一の鳥居」が建てられ、以来伊勢神宮の遷宮ごとに建て替えられている。
 明治になって、東海道制度は廃止となったが、揖斐川上流の大垣との間に客船や荷物船の発着場となっていた。
 昭和34年(1959)の伊勢湾台風以後の高潮対策工事のため、渡船場と道路の間に防波堤が築かれて、旧観は著しく変化し、港としての機能は全く失われた。昭和63年から平成元年(1989)にかけて、付近の整備修景工事が行われた。
 なお現存する常夜燈は江戸や桑名の人達の寄進によって建立され、元は鍛冶町の東海道筋にあったが、交通の邪魔になるので、ここへ移築された。元は天保4年(1833)建立のものであったが、昭和37年に台風で倒壊したので、台石は元のままであるが、上部は多度大社から移したもので、安政3年(1856)銘。
「本町」バス停下車、徒歩約5分
TEL:0594-24-1231