いくつかの旅籠屋オリジナル品を販売しております。お土産や記念品にどうぞ。


本社トップ
本社トップ


1994年設立

料金・時間など
IR情報
投資家向け
パブリシティ実績
紹介記事など
PR情報
プレス向け
求人情報
募集中
土地活用
遊休地募集
旅籠屋日記
社長の独り言
プレゼントクイズ
毎月実施中



チーム旅籠屋
ランニングチーム

鈴鹿8耐参戦記
鈴鹿8耐参戦記




 


ファミリーロッジ旅籠屋バナー
当サイトは
リンクフリーです



国連UNHCR協会の
難民援助活動に
協力しています


二足四足協和国を
応援しています

 

「ファミリーロッジ旅籠屋」では、客室やラウンジに、たくさんの絵を飾っています。
作者は、 ピーター・モッツやサム・トフトなど、さまざまですが、
2018年、思い切って作家の方にお願いし、オリジナルの絵を新たに描いていただくことにしました。
その作品を、以下にご紹介します。
「大阪港店」以降の新しい店舗に飾っていますので、 お泊りの際には、ぜひご覧ください。

フロント・ラウンジ・風除室



飾られている絵の多くは、上の小さな村を舞台に描かれています。


この村には、果樹園があり、青果店や花屋さんや本屋さんが並ぶ通りがあります。
そこには、人間だけでなく、可愛い犬や猫たちも仲良く暮らしています。

 

  

客室


 
果樹園で採れた 果物は、お店に並びます。

 
お肉屋さんのやさしいお姉さんは、時々ソーセージをプレゼントしてくれます。

 
お店番をして、お手伝いすることもあります。


ある日、窓の外を見ていたら、可愛い女の子と出会いました。 お花屋さんの子でした。

 
飼い主のお兄さんと本屋さんに行って、絵本を買ってもらいました。
そして、手紙を書くことを教えてもらいました。


郵便屋さんにお手紙をお願いし(それが、上から2番目の絵です)、無事に女の子に届きました。
お友達になれたかな。

 

その他


    
可愛い猫ちゃん(にゃーたん)達も仲良く暮らしています。

    
どこかにある、小さな村でのお話しです。

作者である 徳永ちあき さんをご紹介します


【Profile】

徳永ちあき Tokunaga Chiaki
1989年 東京都出身
2012年 多摩美術大学 造形表現学部造形学科 油画科 卒業
フリーランスのイラストレーターとして活躍中

 

【過去出展歴】

2011年 デザインフェスタ(東京ビッグサイト)
2012年 二人展-ちいさなおうち-(吉祥寺)
2013年 Rina&Friends展(吉祥寺)
2014年 国分寺ぶんぶんウォーク(国分寺)
entE:re-The Expression Triangle-(四谷)
2015年 国分寺ぶんぶんウォーク(国分寺)
ハンドメイドジャパンフェス(東京ビッグサイト)
2016 年 クリエイター EXPO(東京ビッグサイト)
     The20th Blue Moon Special(神楽坂)
2017年 ラパンアジール(南行徳)
中央線の旅(伊勢丹立川店)
百花繚乱展(船堀タワーホール)
ギフトショー秋(東京ビッグサイト)
ねこ展(神楽坂)
デザインフェスタ秋(東京ビッグサイト)
岡山芸術祭 猫の祭展(岡山)
神戸カカオものCollection(神戸)
ねこ休み展(PARCO大阪・神戸・福岡)
にゃんこ展(原宿)
2018年 ギフトショー春(東京ビッグサイト)
徳永ちあき個展HAPPY NEW WORLD展(吉祥寺)
デザインフェスタ秋(東京ビッグサイト)
Art is Long Rina&Friends展(吉祥寺)
HP: http://www.chiaki-tokunaga.com/
Twitter:http://twitter.com/chiaki_tkng
Instagram:http://instagram.com/chiaki_tkng

 

【作家コメント】

わたしにとって作品は、もちろん自分自身が楽しくて好きで描いていることもありますが、
やはり誰かに観ていただき、喜んでいただくことが何よりの喜びです。

日頃、生きている中でふれるあたたかい瞬間を大切にしたいと思っています。
よちよち歩きの子どもの手を引く親、おいしいものをおじいちゃんおばあちゃんと食べにきている家族、
小さな弟をおんぶしている幼い兄、動物と人間のやさしいつながり…。
ほんのちょっとしたつながりで、世界は成り立っています。
私の作品も、そんなやさしくてあたたかいものになればと思い、日々制作しています。

どんな絵にも物語があります。
ただ、描かれているものはきっかけに過ぎず、あとは観る人の想像力に委ねられます。
そこが絵の面白いところです。
私の作品も、作家自身の物語は盛り込んでありますが、 「これはこうだ」と決めつけずに、
「こうかもしれない」「ああかもしれない」と、皆様には感じて頂ければと思います。
そして、想像の旅を楽しんでいただければ幸いです。

徳永ちあき
2019年2月1日